株式会社ウーゴズ

ウーゴズはアートのエキスパートです

ごあいさつ

私は1985年以来30数年間にわたってアート・ライフ、イデア・ジャポン、ウーゴズという企画会社で美術館向けの展覧会を実現するという仕事に従事してきました。

この間、欧米の美術館やコレクター、アート・ディーラーなど多くの方々の知己を得て、印象派やエコール・ド・パリなど、フランスを中心に、欧米の美術を美術館での展覧会という形で日本に紹介する貴重な機会に恵まれました。

中でもピナコテーク・ド・パリの創設者・館長であり、アメデオ・モディリアーニの権威であるマルク・レステリー二氏とは長年の緊密な協力関係のもとにモディリアー二展をはじめ出光美術館のルオー・コレクションのパリへの里帰り展など数多くの展覧会を実現してきました。

他方、2011年の東北大震災でそれまで順調に準備が進んでいたジョルジョ・モランディの展覧会が開催直前で中止のやむなきにいたったことをきっかけに、それまでの活動を見直して、「絵画鑑賞・絵画の見方」講座の普及活動にも力をいれています。

これは、絵を「見て、感じて、考える、そしてそれを言葉にして発表する」までをトータルで《「絵画を見る」行為》としてとらえ、そのための力を鍛えるための講座で、《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門』講座》というタイトルのアート鑑賞プログラムとして展開してきました。この講座は2018年3月より「絵画鑑賞白熱講座」と改称し、これまでに約80回開催しています。

最新のレクチャーのご案内コチラから

また、2020年の4月からは「絵をしゃべろう!」をコンセプトにオンラインでの対話型絵画鑑賞講座(VTSプラスというオリジナルメソッド)VTSプラットフォーム(peatix)でこれまでに約90回開催しています。

VTSプラットフォームでの講座案内はコチラから。

さらに、オンラインによる小学校教育や企業研修プログラムの提供も始まりました。

また、マルク・レステリーニ氏がパリに設立した絵画の鑑定・調査を専門とする研究機関レステリー二・インスティテュートの日本における窓口としてモディリアーニ作品の鑑定をはじめ、個人コレクターの方々への様々なサービス、情報提供に努めております。

ウーゴズはこれからも、展覧会の企画会社という枠を越えて、文字通りみなさまのアート・ライフの実現に貢献できるアートのエキスパートでありたいと強く願っております。

2021年3月吉日

代表取締役 中尾陽一

●お仕事のお問い合せはこちらからどうぞ

hugo’s ltd.

●Facebookページはこちらから