株式会社ウーゴズ

ウーゴズはアートのエキスパートです

ごあいさつ

私は1985年以来30年間にわたってアート・ライフ、イデア・ジャポン、ウーゴズという企画会社で美術館向けの展覧会を実現するという仕事に従事してきました。

この間、欧米の美術館やコレクター、アート・ディーラーなど多くの方々の知己を得て、印象派やエコール・ド・パリなど、フランスを中心に、欧米の美術を美術館における展覧会という形で日本に紹介するという貴重な機会に恵まれました。

中でもピナコテーク・ド・パリの創設者・館長であり、アメデオ・モディリアーニの権威であるマルク・レステリー二氏とは長年の緊密な協力関係のもとにモディリアー二展をはじめ出光美術館のルオー・コレクションのパリへの里帰り展など数多くの展覧会を実現してきました。

他方、ウーゴズでは、2014年3月から、先入観にとらわれがちな、あるいは少々頭の固くなった大人の方を対象に「絵画の見方」の普及活動にも力をいれています。

これは、絵を「見て、感じて、考える、そしてそれを言葉にして発表する」までをトータルで《「絵画を見る」行為》としてとらえ、そのための力を鍛えるための講座で、《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門』講座》というタイトルのアート・レクチャーとして展開中です。

九段下のプロトマニアで毎月1回のペースで開催しているこの講座も2017年7月23日の《ターナーとイギリス風景画(その2)》で早くも39回目となります。最新のレクチャーのご案内コチラから。

また、マルク・レステリーニ氏がパリに設立した絵画の鑑定・調査を専門とする研究機関レステリー二・インスティテュートの日本における窓口としてモディリアーニ作品の鑑定をはじめ、個人コレクターの方々への様々なサービス、情報提供に努めております。

ウーゴズはこれからも、展覧会の企画会社という枠にとどまることなく、文字通りアート・ライフの実現に貢献できる企業でありたいと強く思っております。

2017年7月1日

代表取締役 中尾陽一

●Facebookページはこちらから

●2015年8月Open! ボタニカルアートのオンラインショップ、ルドゥーテのバラの庭はこちらから

PA01145456